2010年09月09日

材料が必要な時は

金属材料が必要な時は、

山洞金物店のページで、

無料会員登録して、

見積り請求して、

進めてください。
posted by S+O at 15:51| SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

SUJ3の丸棒

SUJ3の丸棒は、定尺なら1本から手配できるらしい。

切断品は、OKなのだろうか?
posted by S+O at 13:39| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5.SUJ2のまとめ

SUJ2は大量生産。SUJ2は低価格。SUJ2は厳しい品質。
このような三重苦状態で、SUJ2の製造メーカーは努力しているようです。

SUJ2の理解に、このページを役立ててください。

posted by S+O at 13:25| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-6 まとめ:SUJ2の焼鈍し焼入れ、焼き戻し

焼戻し:炭素量が1%近く含有している材料は、球状化焼鈍しが常識のようです。球状化焼鈍しで、切削性を良くしています。他と比較すると、難切削と言われます。後は、切削技術でクリアーするか、SUJ2の快削鋼を手配するかになります。

焼入れ焼戻し:焼入れ温度を840〜850度で油冷して、焼戻し温度で硬さ調節ですね。きっと。
表面と内部で硬さ違います。ベアリングは表面の硬さなのでしょう。だったら、高周波熱処理で表面カリットと硬く、でしょうか。

高周波熱処理:熱処理業者に相談してください。業者により程度が異なると思います。

変形や変寸:当店が調べた範囲では、わかりません。個々のノウハウで乗り越えてください。お願いします。がんばってね。

posted by S+O at 13:24| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-5 SUJ2の高周波熱処理

高周波熱処理は、表面から1〜2mmまでを硬化させる熱処理です。SUJ2スライドシャフトやSUJ2スライドパイプシャフトなどが高周波熱処理になっています。

posted by S+O at 13:22| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-4 SUJ2のジェミニー曲線(特殊鋼倶楽部の特殊鋼ガイドより)

ジェミニー曲線
SUJ2hh.gif
SUJ2の硬いのは表面から5mm程度で、後は10mmでHRC40に急降下。

posted by S+O at 13:18| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-3 SUJ2の焼入れ焼もどし硬さ曲線(高周波の特殊鋼規格表より)

焼入れ焼戻しグラフ
SUJ2ht1.gifSUJ2は、工具鋼と比較して、素直な焼入れ焼戻し曲線です。

posted by S+O at 13:16| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-2 SUJ2の熱処理(大同特殊鋼の特殊鋼ハンドブックより)

鋼種 球状化焼鈍し 球状化焼鈍しHRB 焼入れ温度 冷却液温度 焼入れHRC
SUJ2 780〜810除冷 94以下 800〜850油冷 50〜80 62〜65

焼入れ硬さは、炭素鋼のSKの類と同レベルです。SKの代わりに、SUJ2の丸棒を使用する所も有るでしょうか?


SUJ2の焼戻し例(大同特殊鋼の特殊鋼ハンドブックより)

鋼種 コロ
SUJ2 120〜160 130〜180 140〜180

使用する部分によって、焼戻し温度で硬さを調節するようです。

posted by S+O at 13:12| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-1 SUJ2の熱処理(高周波の特殊鋼規格表より)

鋼種 焼鈍し温度 焼入れ温度 焼き戻し温度 焼鈍しHB 焼鈍しHRB 焼入れHRC 焼戻しHRC
SUJ2 780〜810除冷 800〜840油冷 140〜180空冷 201以下 94以下 63〜65 60以上

注意:焼鈍しは球状化焼鈍しです。
焼入れ硬さは、工具鋼と同じ様な硬さです。


posted by S+O at 13:07| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3. SUJ2とその他の化学成分

化学成分を見たところで、どのような物か、理解はできませんが、比較はできるでしょうか。

記号 Si Mn Cu Ni Cr Mo
SUJ1 0.95

1.10
0.15

0.35
0.50
以下
0.025
以下
0.025
以下
- - 0.90

1.20
-
SUJ2 0.95

1.10
0.15

0.35
0.50
以下
0.025
以下
0.025
以下
- - 1.30

1.60
-
SUJ3 0.95

1.10
0.40

0.70
0.90

1.15
0.025
以下
0.025
以下
- - 0.90

1.20
-
SUJ4 0.95

1.10
0.15

0.35
0.50
以下
0.025
以下
0.025
以下
- - 1.30

1.6
0.10

0.25
SUJ5 0.95

1.10
0.40

0.70
0.90

1.15
0.025
以下
0.025
以下
- - 0.90

1.20
0.10

0.25
SK3 1.00

1.10
0.35以下 0.5
以下
0.030
以下
0.030
以下
- - - -
SKS93 1.00

1.10
0.50以下 0.80

1.10
0.025
以下
0.025
以下
- - 020

0.60
-
YK30 1.05 0.4 1.0 0.03
以下
0.03
以下
0.25
以下
0.25
以下
0.5 -
YCS3 1.00

1.10
0.1

0.50以下
0.60

1.10
0.030
以下
0.030
以下
0.25
以下
0.25
以下
020

0.60
-

SK3:炭素鋼です。通称「水焼きのSK」とも言います。
SKS93:SK3の油焼入れ対応品です。現在SK3と注文すると、SKS93が届きます。
YK30:大同特殊鋼の炭素鋼です。SKS93相当品です。
YCS3:日立金属の炭素鋼です。SKS93相当品です。
成分表の元:SUJは特殊鋼倶楽部の特殊鋼ガイド、YK30は大同特殊鋼の特殊鋼ハンドブック、YCS3は日立金属の赤本です。

SUJ2を炭素鋼と同様と言う人もいますが、成分表を見る限り、記号が違う分、違いますね。どこまで同じで、どこから違うのだろうか。材料の用途によるのでしょう。ただ、はっきりしている事は、ベアリングのような軸受けには、にSK3やSKS93やYK30やYCS3を使わないでしょう。

SUJ2で求められる事は、非金属介在物が少ないことと、耐疲労性です。
SUJ2は値段が安いわりに、厳しい事を要求される鋼種のようです。
SUJ2の生産量が工具鋼類とは桁違いに違うのでしょう。

posted by S+O at 13:04| Comment(0) | SUJ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。